任意整理を行う際のデメリット

借金にお悩みの方で、特に複数の消費者金融から借り入れのある多重債務であったり、ご自分の年収の三分の一以上の借り入れがあり総量規制にひっかかって他の消費者金融からの借り入れができなくなった方などにとって、借金との向き合い方を見直す必要が出てこようかと思います。

このままズルズルと支払いを続けていても利子ばかりで元金が全然減らず、結果として多額の利子を支払わなければいけなかったとか、支払いが滞ってしまい、一括返済を迫られたなど、問題が大変になるケースも散見されます。そこで、借金に対する付き合い方を根本から変える必要がでてきます。具体的な行動として、それは任意整理に踏み込むことです。

最初、弁護士への費用が高くなるだとか、そんなお金を用意できないと敬遠される方もいらっしゃいますが、費用は分割にできることもありますので、まずは一度相談にいらっしゃってください。

クレジットカードを現金化することは禁止されており、実質的には不可能です。任意整理のデメリットは意外と小さく、完済から数年間、新たな借り入れができなくなるのみです。毎月たくさん払っている利子をカットし、無理のない返済計画を立てるために任意整理をおすすめします。

 

プライムレートなどに注目してバンクを選ぶ

住宅購入をする際には、しかしばバンクが検討されます。住宅資金に関する手数料が、かなり低めだからです。それで借りる時には、しばしば変動金利も検討される訳です。プライムレートなども、着目される事が多いです。例えば、借りる時の手数料が15前後だと仮定します。

それは、動く可能性もある訳です。状況により、15でなく12などに減少する事もあります。もしくは、その中間の数字になる場合があります。いずれにしても、手数料は下落する可能性がありますから、メリットが大きな商品です。ただし、やはりバンクなどはよく選ぶ必要があります。そもそもバンクによって、手数料は色々と違うからです。それが低めな所もあれば、もちろん逆もあります。基本的には、プライムレートが低めなバンクを選ぶと良いでしょう。

またバンクによる資金体力も、重要な要素になります。銀行の倒産リスクなどを含めて、色々な要素を考慮すれば、会社概要なども確認しておくべきでしょう。

 

イオン銀行のカードローン

イオン銀行のカードローンは、イオン銀行に口座があれば最短で当日借り入れができます。急にお金が必要になってしまった場合もこれなら安心ですね。イオン銀行のカードローンに興味がある方は先にイオン銀行の口座開設をしておくのもいいですね。イオン銀行の金利は大手銀行よりもいいのですが、イオンカードセレクトを持っているとさらに金利がアップするのでおすすめです。

イオンをよく利用する方は口座開設しておいて損はないと思います。イオンは日本中どこにでもありますからね。買い物ついでに銀行の用事が済ませられるのは便利だと思います。また300万円までの借り入れなら収入証明書原則不要になります。ただし例外もありますのでよく確認して下さい。

収入証明書原則不要だと専業主婦の方も安心してカードローンを申し込むことができますよね。生活費の補填などでカードローンを利用するときに収入証明書原則不要なら旦那さんにバレる心配もありません。

 

カードローンを利用したおまとめローン

おまとめローンとは、複数の債務をまとめることによって金利を下げ、総支払額を低くすることをメリットとしたローン商品http://xn--t8j0cg0b0ct07epbye.xyz/です。最近では、カードローンをお纏めようとして使えるところも増えてきており直接銀行窓口へ行かずともセブンイレブンやファミマといったコンビニのATMで返済ができるようになりました。

さて、カードローンを利用したおまとめローンはなぜメリットが出るのでしょうか。まず、前提として、同じ借入期間で金利が下がった場合に支払総額が減るというメリットを教授できます。支払い期間前提が変わらない前提で話を進めます。

カードローンは、設定される上限額によって段階的に金利が低くなってきます。100万円なら15%、200万円なら13%、300万円なら12%といった具合です。例えば、消費者金融で18%の金利で50万円を3口借りていた場合、150万円の借入となるため13%が適用されるといった具合にトータルの金額に応じて金利が変わります。

しかし、落とし穴があります。1年、2年、3年と返済期間の残り期間だとした場合、再度まとめた際に3年にしてしまうと結局はあまりメリットを受けられません。上記の場合だと2年だとメリットが受けられるでしょう。ただし、そんなにうまく、返済期間が統一されているわけではありません。

そういった場合は、残り1年で払い終わる予定の金額については、1年以内で繰上返済することが大事です。このあたりのコントロールをしないと最終的に支払い総額は変わらず、メリットの教授ができなくなりますので注意しましょう。

 

お金を借りる際の心構え

「給料日までまだだいぶ先なのに生活費が足りない!」「今はお金がないけど今すぐ買わないとこの商品がなくなっちゃう!」そんなときについつい考えてしまうのが借金です。今の時代お金を借りるのはとても簡単です。ATMにいけばキャッシングですぐにお金を借りることもできます。今回はそのような理由で借金に手を出してみようかと考えている方へ向けての心構えをお教えします。

まず基本的に、お金を借りると利子が付くので借りた金額以上のお金を返さなければなりません。これは当然ですよね。ですので、借金をする際は、できるだけ利息が安くて済むような場所や方法で借りるように心がけることが大切です。また、お金を借りる際には契約により返済期日が定められます。これは借り方により様々ですが、月々いくらずつ払うという方法であったり、いつまでに一括で返済するという形式であったりします。

この返済期日を過ぎてしまうと厳しい取り立てにせまられ、会社に電話がかかってきて職場に居ずらくなることもあります。ですので返済計画は無理のないプランを立てることが非常に大切です。